インターネットでの誹謗中傷に関する法律について

SNSサービスの普及に伴い、個人でも簡単に情報発信がより身近になり、インターネット上でのトラブルも増加

いまや日本国民のほぼすべての人がインターネットを利用する時代です。ここ数年ではSNSサービスの普及に伴い、個人でも簡単に情報発信がより身近になりました。それに付随し、インターネット上でのトラブルも増加しています。

まずは特定の人物や企業をけなすような発言をしたり、悪口を書いたりするケースがあります。自分の身分は明かさず、誹謗中傷の対象だけを名指しにする場合が多いです。また、ブログやSNSなどの既存の記事に対してコメント欄に中傷するような内容を書き込む方法で攻撃するケースもあります。
こうした攻撃は瞬く間に広まり、不特定多数の方による「炎上」となることもしばしばです。顔の見えない世界とはいえ、何らかの誹謗中傷を受けるとショックを受けたり、怒りを覚えたりするものです。

ネットの誹謗中傷は、刑法に触れる名誉棄損や「拘留または科料」、民法のプライバシー権の侵害など、法律に触れる場合がある

他人を攻撃することには倫理的な問題もありますが、法律に触れる場合もあります。その人の社会的評価を損なうような事柄を文章もしくは口頭であばき示すことは、刑法に触れる名誉棄損に当たります。たとえば、他人の名を借りてわいせつな事柄を書き込むことは名誉棄損に相当する可能性があります。

また、「頭が悪い」「性格が悪い」と抽象的な悪口を書き込むことは侮辱に当たります。この場合、刑法により「拘留または科料」に処されることとなります。他人の私生活についてインターネット上に書き込み、その内実を多数の人の目にさらすということは、プライバシー権の侵害に当たることになります。プライバシー権については、民法によって定めがあり、侵害されたとする被害者は損害賠償請求を行うことができます。

誹謗中傷を受けるとどうしても感情的になりがちですが、手順を追って対処する必要があります。場合によっては弁護士や行政など専門知識を持つ方に相談するとよいでしょう。また、肝心の書き込みに関しては、サイト管理者などに削除を依頼することができます。