ネットでの誹謗中傷を弁護士に相談する

ネット上に気軽に意見を記載できる匿名性が、悪意を持って使用されることもある

弁護士

ブログや掲示板など、ネット上には、自分の意見などを簡単に公開できる場所がたくさんあります。自分自身でブログなどを立ち上げていなくても、既存のサイトなどを利用することで、より簡便に利用することができるのです。
意見を書き込む際には、ネット上での呼称などを用いるのが一般的ですが、実際の氏名などとの関連は薄いので、基本的には匿名の行動と言う事が出来ます。このような匿名性が、気軽に意見を記載できることにもつながるのですが、悪意を持って使用されることもあります。
自分の意見を広く公開した以上は、それに対しての評価や反論などを享受するべきです。このような評価などを通じて、より深い議論に進展することも考えられるので、それ自体は否定的に考える必要はありません。

誹謗中傷は特定の意見の価値をおとしめることを主眼としている

しかし、正当な評価などとはことなり、特定の意見の価値をおとしめるためだけのものもあります。誹謗中傷などが、そのよい例です。通常の評価や反論に対しては、ブログなどの意見交換の場で、言論によって対処することになります。基本的には、最初の意見も、評価や反論も、言論としての価値は等しいからです。
しかし、誹謗中傷に対しては、このような対等の価値は認められません。また、特定の意見の価値をおとしめることを主眼としているので、議論の深まりを期待することも出来ません。

人の名誉を傷つける行為は、社会的には違法な行為として弁護士に相談し法律の規定に従った対応を

そこで、ネットの外部での対応を検討することになるのですが、人の名誉を傷つける行為は、社会的には違法な行為として、法律の規定に従った対応の方法が考えられます。法律に関する事項は、素人では具体的な対応が簡単ではないので、弁護士に相談するのが有効です。
この場合でも、言論の場での解決方法を模索することは、もちろん忘れてはならないのです。