今やネット社会でSNS全盛期、誹謗中傷や虚偽の被害への対策を考えます。

ネットの誹謗中傷・風評被害と現実的な対策について

SNS全盛期になったということを受け、ネットにおける誹謗中傷や風評被害は世界的にも問題なっている

ネットにおける誹謗中傷や風評被害は世界的にも問題になっています。虚報や嘘ニュースがヒラリー対トランプのアメリカ大統領選挙でも問題になりました。互いの候補が相手陣営の言動や、偏ったニュース報道による印象操作や風評被害を訴えています。

現在、規制をいかに設けるか、被害をいかに防ぐかが問題になっていますが、この問題は国ごとに法律などの規律が違っているという事柄が特徴的です。SNS全盛期になったということを受け、誰でも書き込みをすることができるようになり、ネットニュースのライターとして一般人が活躍するようになって来てもいます。そのためある一定のルールをきちんと守っていくことも重要な要素になっています。

一人の書き込みを不特定多数の人が閲覧するといった事態が当たり前になっているので、間違った情報を載せないためのフィルターやチェック機能、間違った上方の拡散を防ぐ機能、自浄作用をいかに実現するかが、検閲問題とのバランスから求められています。もちろん書き手一人ひとりが相手の心情に沿った誠意をきちんと見せていく点も鍵になります。

また企業的な立場としては、コンプライアンス(法令遵守)の問題に加え、発信者側の意識の問題も問われていくことになります。ネット炎上などマイナス効果や企業イメージに傷つける事態も考えられるため、安易な発信はつつしみ、しっかりとした対策を構築するようにしていくことが求められています。

風評被害や虚報の被害に遭った場合は、「誹謗中傷解決センター」へ問い合わせを

また実際に風評被害で困っている、虚報の被害に遭った場合は、具体的な解決を打ち出している「誹謗中傷解決センター」へ問い合わせをしてみる、すぐに企業弁護士に相談する、という素早い対応がその後の鍵を握ります。ネット経営初心者の人にとっては、ネット炎上や風評による被害は対応に苦労することになります。しかし長い目で見て冷静な行動を取るようにしていくことを目指していきましょう。むやみに被害を拡大させないことを第1に、解決策ではなく納得のいく落としどころを見つけていくことが大切です。

多様な特性を持つようになったネット環境で健全な広報活動を行うためには、社員教育やセキュリティ対策のような類の啓蒙活動にも力を注ぐことが求められます。外部からの書込を制限したり、発信者の意識改革を行ったりすることも効果的です。

風評被害の実態も多様化しているため、一人の責任者や企業担当者だけで解決していくのは難しいです。被害を受けた際には書き込んだ人の特定など今できるノウハウを実施している対策会社に相談することも一案です。

参照:ネットの誹謗中傷・風評被害は対策ネット | 弁護士への法律相談も

最新記事